ウイルス性脳炎の基礎知識について

ウイルス性脳炎は、それぞれ風邪に似た症状から始まりますが、急速に進行し高熱や激しい頭痛、嘔吐などの症状が現れます。さらに、痙攣や手足の麻痺、意識障害に至る場合もあります。発症から数日で症状がピークに達します。重症化すると呼吸困難や昏睡状態に陥って死亡するケースもあります。

重症化した場合は、脳にダメージを与えてしまい、治療後も記憶障害や言語障害などの後遺症が出る場合があります。中でも日本脳炎、単純ヘルペス脳炎は致命となる割合も高い病気です。また、インフルエンザ脳炎は幼児に多く、後遺障害を残すことも多いことで知られます。

ウイルス性脳炎の原因について
ウイルス性脳炎は、脳や脊髄にそれぞれの原因となるウイルスが感染し、炎症を引き起こすことにより発症する病気です。ほとんどのウイルスに対しては特効薬がありませんので、感染しないよう予防が重要とされます。なお、日本脳炎に対してはワクチンが存在します。日本では幼児に対して予防接種が推奨されます。なお、日本脳炎のワクチンは数年で不活性化しますので、日本脳炎が多い地域に行く場合は成人後であっても改めてワクチンを接種することも推奨されます。

ウイルス性脳炎の症状について
蚊に刺されてウイルスに感染してから6、16日くらいで、体がだるく頭痛やむかつきが出て、時に吐くこともあります。その後熱が出て意識障害が現れたり、首の後ろが硬くなる、手足に震えがくる、硬く動かなくなる、勝手に動く、などの症状や麻痺症状が現れます。脳炎が進行すると、脳がはれてけいれんが起こったり、呼吸ができなくなります。

日本脳炎ウイルスといっても、必ずしも脳炎だけを起こすわけではありません。脊髄炎を起こしたり、髄膜炎の症状「頭痛、吐き気、首の後ろの硬直など」だけで回復する場合もあります。また、ウイルスをもった蚊に刺されても、発病する人は300人に1人くらいです。その他のウイルスによる脳炎も、蚊が媒介するしないにかかわらず、症状はよく似ています。

ウイルス性脳炎の予防について
単純ヘルペス脳炎の場合は早期に抗ウイルス薬を服用することによって治療に効果があります。ですがその他のウイルスには特効薬がないために、脳のむくみやけいれんなどを予防しながら、対症療法を行い管理することになります。治療が必要な場合は専門家のいる実績のある病院で治療を受けるのがよいでしょう。

日本脳炎に対しては日本をはじめ韓国、台湾、東南アジアなどでも広く使われている不活化ワクチン「ウイルスを殺したワクチン」があります。これは従来マウスの脳から作られていましたが、現在は培養細胞にウイルスを接種して作ったワクチンが使われ始めています。日本では小児に定期接種がすすめられています。

ウイルス性脳炎の治療について
ほとんどのウイルス性脳炎はウイルスそのものに対する治療薬がありません。しかしヘルペスウイルスに対しては抗ヘルペスウイルス薬がありますので、ヘルペス脳炎かどうかを確かめることが大切です。

日本脳炎に対する治療も、ウイルスそのものに対する治療薬はないので、症状を和らげる治療をします。とくに、脳のはれを抑える、けいれんを予防する、呼吸を安定させるといった治療が大切です。治療が長期化することが多いので、肺炎などの合併症の予防や早期発見も重要です。これらの治療は、その他のウイルスによる脳炎でも同様です。

オススメ情報サイト

☆シアリスを処方してもらう前に予備知識をもっておきたいのですが。 シアリスはバイアグラなどにくらべると、ED治療体験による利用者からの声も、かなり高評価のものが目立つようです。

バイアグラ通販ガイドサイトによって、バイアグラの服用タイミングはとても大切です。性行為の1時間前に服用すると、バイアグラの効果を最大限発揮させると思います。そして、空腹時は食後より効き始める時間がさらに早いことが実証されました。この点も注意すべきです。