どのウイルス性脳炎ようにふけろくあなたもう頭はかゆくて民間の処方

フケ,普通の人の頭にはどうしてもも少しふけ、深刻なフケ多くの手が触れて落ちて、もしは濃い色の服が出やすいので、フケになった多くの人の悩み.じゃ、今日はフケの漢方医療法を紹介して、一緒に勉強しましょう.

p>
<いちやソウハクヒ薬を煎じる液

ソウハクヒ50-100グラム、薬を煎じる液2500ミリリットルのシャンプー、毎週いち度、フケや防犯脱毛作用.

に、トウサイカチ

サイカチ50-100グラムつぶし,加水500-1000ミリリットルのソテー.まず,ウイルス性脳炎、温かい水洗い頭にほこり、油、またサイカチ洗濯液体を2回、そして清水できれいに洗い流して、毎週2回、洗って数週間、ふけが消える.

P3、菊の葉

菊の葉のよんじゅう片、きれいに洗い、後を鍋に入れ、適量の清水炒めて煮まして、緑の汁で煮込むの後、冷えるを入れ、瓶の保存.使う時、直接その汁で洗って、頭皮をマッサージします.菊の葉に特殊なオイルの成分が含まれ、菊葉で煮た汁で髪を洗って、フケの成長を有効に抑えます.

4、リンゴ酢汁

りんごジュース半杯と米酢にスプーンを洗面器の中で、充分に混合.まずシャンプーで髪の毛を洗ってきれいに洗って、それから洗浄の髪を入れて、りんご酢の汁の洗面器に入れて、櫛にリンゴ酢汁をつけて髪をとかして、最後にシャンプーできれいに洗います.リンゴジュースと米酢効果で吸収でき髪の油脂に多いので、頭皮の油脂の分泌を調節し、去油去屑の役割.

5、黒豆煮水

を煮て黒豆100 gは鍋に入れ、適量の清水煮に加え、黒豆をろ過する.煮た汁で髪を洗って、フケを有効に抑え、フケの再生を防ぐ.

ろく、身にしみる草や桑の葉煎じ

が身にしみる草ひゃくグラム、桑枝のごじゅうグラム、水せんミリリットル、濃い煎汁を取って、洗面器に入れて.薬の汁は少し涼しくなった後、タオルを使って汁を洗って頭部に洗って、20分後に清水で衝て、毎日2回洗って、1週間ぐらい効き目があることができます.