のウイルス性脳炎救急の方法はよく紅花白檀茶の予防性動脈硬化症予防

紅花白檀茶は心筋梗塞や冠心病人に適して服用して、多くのこの類患者に薬を食べないのは飽きて、代わりに治療する良いなら、紅花白檀茶はどうでしょうか.ほかにも、救急の冠状動脈硬化症の方法はありますか?みんなと分かち合いたいと思います.

P作り方:

は薬(:紅花いちお金、白白檀ななしち分)をコップに入れ熱湯で醸造、蓋をして約じゅうご分とろ火で煮ます.回衝3—5回.

P救急の冠状動脈性の方法:

p1、心疝痛

直ちに体力活動停止,ウイルス性脳炎、その場を休み、寒いし、感情的になるなどの誘因;すぐ舌下を含む化ニトログリセリンや消心痛いち片、例えば未緩和、ごじゅう分を含むぶりまでもう一回連続さん度化、を含む化を無効にし、胸の痛みが続いてじゅうご分以上者が心筋梗塞の可能性は、直ちに病院送りなど救急場所;

2、心筋梗塞

胸部不快感、極度に疲れて、呼吸困難を伴う、特に汗をかいて、頭がぼうっとして、動悸、瀕死感を疑う時、高度が心筋梗塞、直ちに送り距離最近の、条件作心電図、心電監護、直流除颤、静脈血栓溶解の医療機関を同時に落ち着けるよう患者で失望と恐怖を含む化ニトログリセリンを助けたり,即効心丸、益の安寧丸などを維持する通風と酸素吸入、例えば無禁忌症、直ちに経口アスピリン300ミリグラムが起きた場合室速、室は震えなどの悪性不整脈すぐの直流除颤が起こる心臓停止は、直ちに人工呼吸や胸に外心臓のポンプを心肺蘇生

さん、急性心は衰えと心源性ショック

急性心筋梗塞や欠け血液型心筋症が発生すると急性心は衰えて、大面積心筋壊死だ.は急性左心は衰えて、患者が深刻な呼吸困難に伴う心落ち着かない、窒息感、顔色の黒い石灰、口唇チアノーゼ、汗をかいて、咳、吐き出す白やピンク大量バブル痰、このすぐに病院に緊急措置をとることをしなければならない .

心臓病の患者が

、生活の中で出かけるときは必ず用意にいくつかの救急薬を避けるためにぶり返すの状況、そしてできるだけ外出の時の人がこの病院に行って,しかも定期的に体を検査して、希望の皆に役立つ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です