ひとり随筆2014(5ウイルス性脳炎)

電燈電燈、60デシベルの音楽、1人の静かさと夜を享受しています,
思い出す前の自分たちだけの記憶の断片は、以前は夢のために、命を的に懸ける;以前は愛情のため、一途に、以前のために兄弟、助太刀をする.生活は私たちをつるつるの角が多くて、すべての人の心が試される.

明日から、あなたに感謝する太陽、私にあたたかい日光;明日から、私に感謝してくれた夜、思考の空間、明日から,私の生活は私にもっと感謝の強さ、私は一歩一歩成長して、明日から、私は感謝してる私の愛した人は私にこんなにたくさんのおめでとう;明日から、私は感謝してる自分を傷つけた人、私にもっと強く.

明日から、私は日光、明日から、私は呼吸ごとに感じる朝の空気、明日から、私は毎日、私は大切にすることができる時間を楽しむには、すべての時間を楽しむ!私はやはり私、1つの最も誠実で、最も単純で、1つの詰めて1つの生涯の人、1つはすべての人がすべて学ぶ人!

私たちは努力するかどうか、私は本当にそうですか、私は本当に本当に行かないかどうか,私は本当に本当に行くかどうか、私は本当に本当に行くかどうか,ウイルス性脳炎、私は本当に行かないかどうか、私は本当に行かない!給油!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です