ウイルス性脳炎健康3食べ方はきっと知っています

夏,ウイルス性脳炎、一番の果物は清涼感で蒸し暑スイカにはどうだったかと思います.みんなが認知するスイカは多く水分、性寒しの果物.でも、スイカの茄子はトマトより多いと知ってる?血管の回春、低血圧、目減りと美肌などの効果のある栄養素、同時に低カロリーの美容果物です.

東京大学医学研究所が終わって、長寿に取り組む美容食品研究のまとめSugiAkatsuki君の知らない大損スイカよんしよ大美容成分!

【注意事項】:スイカに水分や砂糖に属するため、高いGIの性は冷たくて果物、故腎不全、糖尿病患者、妊婦、風邪を引いて多く食べるべきでなくて.また、自分は体がびくびくしている人は、寝る前に食べ過ぎて下痢を起こします.1、ナスの赤は燃える脂に抗アンチエイジングして、1なすには、抗酸化力を持つだけでなく,脂にも助けを助けることができる!そして、多くの人がトマトと思って、近年来、トマトを主役の目減り法も盛んになってきた.しかし、なすに豊富な食べ物、そして、人の夏によく食べるスイカ

アメリカ農業部の報告によると、同じ量のスイカ汁とトマト汁で、スイカ汁がくわえたナスの紅素量はトマトジュースの約5倍にもなっている.さらに棒は、スイカが持つナスの赤素、煮たことなく人体に有効に吸収されます.お肌の老化予防、ガンスイカには、にんじんとビタミンAが豊富に、肌の老化と癌を予防することができます.

3、カリウムの殘暑は防水カリウムは体内の水の成分を調整する栄養素を調整するために用いて.スイカの多くはリンゴよりも多く、殘暑、防水などの効果を達成することができる.4、メロン酸は、顔色を改善し、水腫のないさわやかな美肌を改善する他の靑果にない奇跡の美容成分、血管回春、血液循環,虚冷とむくみ.また、抗酸化、コラーゲン分解、肌への保湿と紫外線も効果があります.スイカにはスイカを選んでと

スイカは、はっきりとしたスイカははっきりし、指で軽く弾くと音がする.アンチエイジングの機能が強いナスの赤を摂取するには、一定の赤色スイカを選択する必要がある.美容成分を無駄にしない3スイカ食べて食べますと

いち、コーディネートヨーグルト、サラダ、あるいは食後食べ

リコピンやカロチンは脂溶性、アドバイスやヨーグルト、レタスサラダを食べて混合.直接食べなければ、食事の時は脂になり、食事後に食用、助けになります.

スイカヨーグルトサラダミニレシピ:

準備適量スイカ角切り後に入れ、レタスのサラダの中、ぬれにヨーグルトを食べる.1、2、白を殘し、小キュウリに代わりに爽やかな口取りを作る