ウイルス脳炎の原因について

ウイルス脳炎とは、ウイルスが脳に直接感染したとき、あるいはウイルスなどが炎症を引き起こしたときに、脳に発生する炎症をいいます。炎症が脊髄に及ぶこともあり、その場合は脳脊髄炎と呼ばれます。風邪に似た症状から始まりますが、急速に進行し高熱や激しい頭痛、嘔吐などの症状が現れます。さらに、痙攣や手足の麻痺、意識障害に至る場合もあります。発症から数日で症状がピークに達します。重症化すると呼吸困難や昏睡状態に陥って死亡するケースもあります。

ウイルス性脳炎はインフルエンザウイルスによる急性脳症とも呼ばれ、21世紀初頭に(特に日本で)社会問題化した。しかし、その他さまざまなウイルス(エンテロウイルス属、アデノウイルスなど)が急性脳症を引き起こす可能性がある。多くの場合、ウイルス性急性脳症の原因ウイルスは不明であり、「ウイルス感染」もあくまで推定、ということが多いです。

麻疹、突発性発疹などでも中枢神経症状を合併することがあるが、髄液中の細胞数が増加し、髄液からウイルスを分離できることが多く、これらの場合は「ウイルス性脳炎」と呼んで区別することが多い。単純ヘルペスウイルスによる脳炎は頻度こそ少ないものの、重篤である。

なお、日本脳炎に対してはワクチンが存在します。日本では幼児に対して予防接種が推奨されます。なお、日本脳炎のワクチンは数年で不活性化しますので、日本脳炎が多い地域に行く場合は成人後であっても改めてワクチンを接種することも推奨されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です