似水流年1部のウイルス性脳炎情に分かって濃くて暗緑色落ちを胸に

流年似水

P、慌しく、

は過ぎて君は物語が始まったばかりで

と話が始めたあっという間,あっという間、

もう昔は昔、

になってしまった1部の愛はまだよく事細かに味わうことができません.

PはPとPとPとしてPとしてはpは、もう苦いと.

Pは相変わらず追いかけて

ではPは心事目、

の心がぼんやりしていた.Pはあまりにも短い、

を恨むのは、<,
;P>です.

1部の情に分かって濃くて流浪風の中で.

愛の花火、

は瞬間的に消えて.縁が過ぎて慌しく?

やはり年回りの約束を、年回りに沒てしまったのか?

Pは心に深く愛、

とp痛い徹心の傷.

昔、P騒然市海、

の歓声にはもう君の足跡はなかったから.

Pは徐々に顔が憶、

Pは風と月、

とは関係ない.Pは時の水、

は水、<P>です.P紅塵万丈、

は紅塵万丈,

私は三世花火、

は私の三世で花火、<P>であなたは1世のぼんやりとして、

を交換する

夢,ウイルス性脳炎、

離合の分離、

Pは春の花幕が凋ん、

ではP、<P>は何に集まり、

P分離、

は数を離れ、

と私はあなたの私にはすばらしい時間、

は私が持っているどんな角度からあなたを読んでも、

あなたはすべて完璧です、は、

です.君が欠けている部分、

に足りない部分、

に足りない部分、

に足りない部分、

もう私の絵筆で埋めていて.