児童がご種のウイルス性脳炎症状が患って、C型ネマングラム氏症

児童の肝臓機能異常は、急性肝炎、慢性肝炎、胆道ふさがるが発生しているとされている.これ以外、医学の進歩と遺伝子診断ツールが発展し、遺伝疾病と代謝疾病相関肝機能異常は早期に正しい診断をすることができる.代謝性疾患、肝臓損傷の原因は、体内にある代謝産物の不正常な蓄積があるなら、これらの代謝産物肝毒性の時、を引き起こす可能性黄疸、肝臓は炎症を起こして、甚だしきに至っては肝硬変などの症状.だから一部代謝性疾患に新生児黄疸、赤ちゃんは胎児腹水,または肝脾肿大、臨床表現として,例えばネマングラム氏症.

新聞一人罹患ネマングラム氏症の子供のもとの活発で、かわいくて、ごヶ月が叫ぶパパの王子分、珍しい病気で罹患ネマングラム氏症、今では多く肝脾深刻な腫れ歳だけでなく、毎日昏睡にじゅう時間を超えて、甚だしきに至っては家族にさえも読めない.

ネマングラム氏症(Niemann-Pick disease、NP)は1種の脂肪瀋着症、臨床の上に分かれて4 AからD型のうち、C型は台灣より一般的なタイプ.C型ネマングラム氏症(NPC)どんな自家劣性遺伝、発生率は約じゅうに万分の1、患者は第じゅうはちに上のNPC1やNPC2染色体遺伝子の突然変異、による被害>脂質代謝異常<.これらの過度の脂質が積もってゆくように病人の各器官脾臓、腎臓、肝臓、骨髄、甚だしきに至っては脳などにより、その器官病変、さらに発生程度の症状

C型ネマングラム氏症発症の分割払いが週産期、乳児期、子ども期、思春期や夜から成人の発症するので、C型ネマングラム氏症の患者が存在する可能性はいかなる年齢.臨床統計では、典型的な発症時間は幼少期において,ウイルス性脳炎、後の時期が多い.病童臨床の上から表現漸進性運動失調、進行性核に見つめ麻痺や痴呆、認知などの症状のため、医師の診断という病気に罹っ.

新生児や乳幼児期のC型ネマングラム氏症症状は特定の表現.妊娠後期の超音波産検査は胎児腹水の場合.出生後に予想より深刻な新生児の肝臓の病気を含め、黄疸と持続的な腹水、しかも肝脾肿大の現象がある.肝脾肿大はこの時期の最も特殊で主な症状.発展の遅れと筋肉の張力不足も発生可能性があり.病人が成長につれて、肝脾腫れ大会は患者が成長した後になって相対的に正常に近い.だから幼児時期は臓器肥大の病童は排除できない、C型ネマングラム氏症の診断の可能性.

発病時間子供の中から後期(に~ろく歳前後)のC型ネマングラム氏症患者が出て、下手や歩行不穏場合、しばしば歩いて転んだ.として子供の聴力障害、構音や発声障害で徐々に喪失言語能力.嚥下困難の様子が現れた.この時間は典型的な核の核で麻痺現象を凝視現象が現れて、これは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です