守護頭痛ウイルス性脳炎や認知症患者

もそのため、台北栄総神経内科早く細分割よんしよの回専門:一般神経科、神経血管科、週辺の神経科やてんかん科、既存の主治医全22人となり、脳神経医療陣が最もぞろいの病院の一つ .

別の試みは1989年、台北栄総神経内科、外科は仕事先の合、神経医学センターを設立しましたから、診察室、検査室、病室を含む(加護病室)事務所までも集めてください外科内科医支援、電話だけでいいは立会診察する単もまだ書いて、外科の医者は、神経医学センター主任吴进安と言うだけでなく、同僚の間のコミュニケーションは便利,ウイルス性脳炎、助教授の研究、患者にも大きな福音,いかなる問題を見つけることができ、いつでも専門スタッフ処理.と

は他の病院神経内科発展悠久の過程で、台北の栄総各種神経疾患領域にもきっと表現、近さん年発表に国際定期刊行物論文数は台灣の神経内科の冠、そのうちかつ認知症や頭痛が最も傑出している.番狂わせ頭頭痛は国際舞台「PPは、

はp>より多く渡し<生死関の疾病、頭痛、医療分野で可能と重要で,一般医師会はないという何ない台灣有数の頭痛専門家、台北栄総神経内科主治医王署君は、過去という人も台灣には患者の片頭痛.

p>今成立に近い<じゅう年の台北栄総頭痛外来の診察をして、すでに全国慢性頭痛病気の希望砦の一つで、毎年約千人の初めにかかる患って、今まで積み重ねが1万人を超え、そして得意診断治療珍しい頭痛、例えば入浴頭痛、低脳圧頭痛など.

神経内科も1996年に初頭痛患者入院治療は、これらの患者の多くは鎮痛薬を過度に使用するので、難しい問診を戒め、王署君と指摘し、入院治療を愈した多くの深刻な慢性頭痛外来患者の毎日、特に繰り返し治療失败の患者ろくヶ月後、追跡、九割以上が著しく改善、たとえろくヶ月を超え、比率も維持の7割以上、成功に発展の本土の治療モード.

p>と<頭痛に伴って憂鬱と不安がよく、慢性病の6割近くが片頭痛はうつ病、3割近くが恐怖症のため、台北栄総もかなり重視跨科治療は、精神疾患の患者が、神経科の頭痛、精神科追跡.