情_ ウイルス性脳炎0

Pは秋の秋葉、

は1

をダンスだけ一世情

一世の温情を含んで、

は1世の温情をくわえて、

1期の憂を忘れて、<P>を忘却する落梅

は雪が舞い、

琴簫&は、

お互いの存在はすでに春です.

雲に流れる水、

すべては夢、

はすべて夢のようです紅塵一度、

は紅塵一場、

Pは、歳月が殘て、

はp涙は星、

では涙が落ち、

Pうすら寒いひんやり.

p>と<俗縁夢のようです、

Pは悲喜こもごも、

ではなく、

Pは、ぼんやりとした優しさを、

とこんなにも物寂しい、

は物寂しい、

Pはあの日の月の光が優しすぎる、

です.Pは天涯道、

を見て殘留の優しさ、

を舞うよ夜に、

風のぴいぴい,

は風のぴいぴい、

を聞く

離愁瞳間凝眉、

pは、千年の寒さにもなった…

について

は古い憂嘆、

に憂ている

星飘逝よう雨落下.

PはP、心動、、<、は誰を情に刻んで総出に、

Pは夢の両岸、

にはぼんやりしている.p>もし<切って情と,

は、静かに、

を探してPは、PとPP唯は、空が煙雨煙雨、

p漸瞳;

弄墨诗頌過ち,ウイルス性脳炎、

一世の語、

Pは不朽のペーソスを梳かす、

pは聞こえてますか?

Pは霧雨煙雨を引き起こし、P岬風雨は天涯、

江南煙雨煙雨、断腸断腸、

p>酔っ情殇いつ<,
荒涼、

Pは暗然に酔う、

向かい風渡し船フェリーなど千年、

向かい風渡し船pも延々!