携帯電話はパウイルス性脳炎ソコンよりも傷つけても

p>はいくつかのOL <パソコン族、出勤する時はパソコンの画面を見つめて事務を処理するが、今からスマートフォンが横行し、強力な、両方のインターネットを利用して、また送受信微博、マイクロ手紙、多くのOLが、仕事の合間に、食事の時、特に帰宅後に長い時間遊んで携帯電話、結果は目が傷ついて.

pは研究で、携帯電話はパソコンよりも傷つけて、携帯電話の画面が小さいため、携帯電話を遊んでいると、注意がもっと投入、目をじろじろ、それから目を傷.パソコンを使う時、人々の肢体活動は活動して、しかし“携帯電話の制御”は往々にして滅多に活動して、これは心身の健康に対してもっと不利です.携帯電話は少なく、通勤の地下鉄で、家でベッドにして、食事の間、携帯電話の使用、または携帯電話の使用、または視力の損傷が明らかにするべきだという.携帯電話を使ってももパソコンも休みに注意するべきで、そしていくつかの身体を交えて活動や目の体操を避けて、目が座る、長い目で.

ホワイトカラーたち护目、明目、注意すべき滋の腎臓、养肝.秋养肝腎臓をかばい、ホワイトカラーたちは注意するべき食生活が、徹夜して、少なくなって、そして適切に多くいくつか食べて利点の肝臓の腎臓の物は、例えば、牛肉、豚肉、ヒツジの肉、卵、動物の肝臓の腎臓、フナの魚、バター、イカ、貝、ナマコ、スッポン、ブドウ、肉、クワの実、ナツメ、クルミゴマ、クルミの実やにんじんなどの同時に、多くの粥を煮る、スープ.パソコンと携帯電話のホワイトカラーが多く果物を食べて、特にミカン類の果物、まだ多い緑色野菜を食べます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です