新生児水泳は健康によい気分ウイルス性脳炎になる

赤ちゃん水泳は1歳内の赤ちゃんは専用安全保護措置で、専門研修の医療人員と看護、行う1項、特定の、段階的な水中早期保健活動を行うことです.水泳を得て自然新生児の活動、水の静水圧、浮力、衝撃は、新生児の皮膚や骨が柔らかな愛撫を促進し、新生児の様々な感覚情報の伝達や血液循環を含む全身神経、内分泌、消化器係などの係列の良性の反応を鍛えることができて、心筋、睡眠を増加し、体の免疫力を高め、赤ちゃんの形成に役立つ健康で楽しい気持ちを促進するために,乳幼児の心身の健康に役立つ.

Pは、

は今、多くの親が、生まれてきたばかりの赤ちゃんに水泳という活動をしているということを選択して、適当に適しているということです.新生児の水泳はどれらが特に注意する地方がありますか?次に詳しいことを詳しく知りましょう!

p> <いち、ぜひ選択正規の機関、専門医療関係者が現場を案内や、新生児と介護者の距離を保って一臂の内を宜.

2、水泳室の室温は26℃—30℃に保つべきです
.水温は36℃~38℃の間に要求して、温度制御は均一で、普通は先に冷たい水を入れて、後に熱湯を入れます.

p3、プールで放水の深さは赤ちゃんの身長で、赤ちゃんがプールに入ると浮遊状態、足がプールの底に触れないように.

よんしよ、赤ちゃんの軛使用前に安全検査を行わなければならないように、カラーの型番、保険按扣、エア漏れるか.頚部の罠は後にしてあごを検査して、下あご部は位置している位置にいるかどうか、赤ちゃんの呼吸が流暢なことを保証することを保証する.

ご、セットの良い軛後、保険を掛け牢かどうか検査でゆっくりと、少しずつ水に入れて、動作はなめらかで、赤ちゃんが緊張しない.進水後、赤ちゃんは自由に動くように、赤ちゃんの顔色や肌の色が変化して、赤ちゃんの快適さを確保.

1時間後に1時間の赤ちゃんがはっきりとした状態で水泳を行うことを選択することを選択して,ウイルス性脳炎、泳ぐ時間は長すぎたり水の中で運動しすぎることが要らないでください.毎週1回水泳は1度,毎回時間制御して15分の最優秀.同時に赤ちゃんは水中の運動量を掌握して、あることを浮遊しないではいけないで、1刻し続ける運動四肢を止めないでください.

ななしち、水泳の後に赤ちゃんを入浴して、そして体や髪をふいて、赤ちゃんをいくつかのスキンケア製品は赤ちゃんに触れて全身のマッサージ.水泳室から出て、赤ちゃんを包むのが良い、風邪を引かないように注意してください.家に帰ったら、赤ちゃんの睡眠、乳を飲むと、精神状態、大きさがあって、異常があり、医師や水泳の訓練には先生が反映されている.

みんなは水泳に似合うとは.心臓病、伝染性疾患、皮膚破損、下痢、中耳炎、呼吸器感染などの疾病の赤ちゃんが、進水水泳を提案しない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です