端午節でよく食べる12種類のウイルス性脳炎伝統的な食べ物を食べます

私の国では、五月五日までには、伝統的な端午の日が来る、端午を控えて、各種の濃厚祝日の雰囲気の美食、次第に市場の販売中の人気、じゃあ、端午は何を食べますか?端午節によく食べる12種類の伝統的な食べ物を皆さんにチェックしてみてください.

p> <いち、打糕

端午節は朝鮮族人民の盛大な祝日である.この日は最も代表性の食品はすがすがしい香りの打糕.打糕は、ヨモギともち米、置く一本のみの木槽で長柄木鞭打製のタピオカ餅.この食品は民族的特色があるし、祝日の雰囲気も増えている.

p>を先にメートル<を水に浸し時間後に取り出して鍋に入れて蒸して火を通して、蒸した米を木槽や石槽の中で、木で繰り返し捶打極.一般の多くは二人は向かい合って立って槽ながら、交互捶打、または1人1人捶打、次ページ和菓子を捶打均一.その後、1部の甘みが繊細で、腰があるコカの打糕完成.

p2、アヒルの卵

端午は屈原を偲ぶあとは避け五毒ので、伝説の五毒妖怪から端午と害を間に、五毒妖怪は蛇で、ムカデやクモ、ヤモリとサソリ、民間用五種類の赤い料理象徴この五毒の血が、これらの料理を食べていた時には五毒妖怪をおどし、つまり食べ五紅、それぞれダック、ヒユナ、アヒルの卵、海老、雄黄酒赤ペンキ,端午という食べたこの五紅、この夏は暑いいよ.

p>と<五紅に似て、江南民間の端午も食べ五黄土の食俗.五黄土、タウナギ、バター、キュウリ、塩卵や雄黄酒.私は五紅も含めて五黄土、アヒルの卵を含むので、端午闢邪暑気払いの原因が食べるアヒルの卵.

さん、知って

の端午のだけではなく、粽を食べる時も、一年で鳝魚肉最も柔らかい、最も栄養のある時だから、端午タウナギ大会人参の俗諺.タウナギ、食感やわらか無刺、ずっと淡水水産の中で比較的に人気の一種、特に子供や老人にとっては、いい補い品.タウナギ性は暖かくて、味の甘、入肝、脾臓、腎臓、益の息、固脱血を補う中、温阳益脾臓、強精止血、肝臓の腎臓、風を取り除くなどの効果を放しだして.

が注意しなければならないのは、必ず現現佃煮知って殺し、タウナギ体内ヒスチジン含有量が多く、うなぎが死んた後に体内のヒスチジン変わるから有毒物質がなければならないので、加工のうなぎは生きている.田鰻湯引くパーマ、洗って外の粘膜,煮だすスープのとても生臭い減少.

よんしよ、艾馍馍

の端午の節句には多くの地方で米粉や小麦粉と一緒に馍馍ヨモギ蒸して発酵.艾中様々を含む揮発油は、芳香臭、駆虫殺菌、細菌といくつかの皮膚糸状菌を抑える作用があるため,ウイルス性脳炎、古代では端午節除病駆疫病人食でも、艾均必欠かせない.

p> <ご」