風景、ウイルス性脳炎気持ち

p>ちらちら絶えない<つゆ、朝な夕なに絶えず,荀月纏綿.時にぬれる淋漓漓たり、しとしとと、天潮潮に濡れた.ある隅に忘れられ、二日、準会長はモーモ,見て見て、気持ちもじとじとになります.

娘は山西に行って、環境と食習慣の問題によって、毎日メールに来て愚痴をこぼして,
私はとてもかわいがることを聞いて、しかしやはり彼女は我慢することをマスターして、結局これは彼女が自分で選んで、1度の生活体験にして、しっかりと感じて、しっかりと感じて.

姪姪も家に帰って、もともと出かけるつもり、一日一日“一人”の日を楽しみにしている.仕方ない、天気が悪い、雨が降って、また雨、家には、画面、時間をつぶす.退屈な時、自分の前の日誌を開いて、考えもリバーサルについて.時に莞爾たり、暗くて、時に鼓動、時に低迷、本当に感慨深い、どよめいさかまく.

士は知己者として死ぬ、女は悦ということわざがあり,ウイルス性脳炎、酒は知己に飲み、詩は人に吟と言われている」.今は違う、人は音で心を読み解く人は、自分の気持ちと悟りを自分の気持ちとして、自分の気持ちと悟りを記録しているという人がいる!